ベトナムと日本の観光を促進するMOU

ベトナムと日本は、観光を推進し、交流を促進を目指すことで同意し、両国は観光協力を促進するための覚書(MOU)に署名をしました。この署名はベトナム国家観光省(VNAT)と日本国政府観光機関(JNTO)によって行われました。

両国はこのMOUにより、観光促進、魅力的な目的地の紹介、訪問者の交流の促進、相互の関心のある分野での経験と情報の共有に関して互いに協力をすることになります。

JNTOはベトナムに駐在員事務所を正式に開設しました。 開会式で語ったVNATのNguyen Van Tuan総局長は、二国間観光協力の成果はすでに好調だと述べました。 2010年から2016年の間にベトナムを訪れる日本人観光客の数は平均して年間9%増加しています。

ベトナムでは、2016年に日本からの来訪者が740,000人で、前年より10%増加しました。

Van Tuan氏によると、約233,000人のベトナム人観光客が日本を訪れ、前年比26%増となっていると言います。 ベトナムにJNTO事務所を開設することで、両国間の出国者と入国者の数がさらに増加するだろうと付け加えました。 両国は、2018年までに日本人訪問者を100万人に、ベトナム観光客を50万人にまでに増加させる予定です。

JNTOのRyoichi Matsuyama 社長は、ベトナムの旅行者が日本料理、桜、様々な祭りなど、日本の異なる文化的側面を体験できるように、数十回のツアーを計画していると語りました。

JNTOベトナム事務局長であるTakahashi Ayumi氏は、事務所を開設することにより、ウェブサイトcamnhannhatban.vnなどの観光情報を活用し、ベトナムの大都市に住む人々の観光需要を刺激する予定であると語りました。 ベトナムのツアーオペレーターの日本へのツアー販売もサポートしています。

JNTOは、4月6日から9日に開催されるベトナム国際トラベルマート2017に参加する予定です。ベトナムは、昨年同期間に290万人増の320万人の外国人観光客を迎え入れました 。 これはベトナム国家観光省(VNAT)によって発表された情報です。

市場面では、ベトナムを訪れた人のうち、1月から3月までアジア人が230万人、次いでヨーロッパが約56万人、アメリカ地域は247,000人の訪問者で3位にランクインされました。 3カ月間のアジア人訪問者数は、昨年の同期間に比べて34%増加しています。

交通手段によって分類された場合、ベトナムへ空路を使って行く人は82%を占めています。海路を使って訪問する観光客の割合は最も少なくわずか3.5%でした。しかし絶対数は前年比で最高66%の増加となりました。

3月だけでも、100万人以上の外国人訪問者が入国し、前月比では16%減少していますが、前年比では21%増加しています。 これは良好な成果であり、VNATによれば、観光セクターの取り組みのおかげだと発表されています。

今年は観光産業が外国人観光客1150万人を獲得、国内訪問者数は6600万人に達し、今年は460兆ドン(204億米ドル)の収入を得ることを目標としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です