ペコはベトナム内で唯一のタツノブランド製造会社

ハノイ にあるPetrolimex Equipment Joint Stock Company(Peco)は日本パートナーである株式会社タツノ、野村貿易株式会社とのガソリンディスペンサー生産に関する包括的な技術協力契約を締結しました。

ペコ・ディレクターのHoang Van Canh 氏は、この契約に基づき、同社がベトナムで唯一のタツノブランドのガソリン調合ポンプの製造業者であることを発表しました。

調印式では、Pecoの技術水準、スタッフの品質、PecoおよびTatsunoブランド製品の品質が日本の基準に完全に準拠して管理されることを表明しました。

ベトナム国営石油グループPetrolimexのTran Van Thinh総裁は、日本側がベトナム側パートナーに対し、環境を保護し、徐々にグループのガソリン小売ネットワークを近代化する新しい技術を支援してくれることを期待していると語ります。

ペコは90年代後半に、技術協力と技術移転契約と燃料ディスペンサー工場の建設を通じて、日本のパートナーとパートナーシップを形成しました。

ペコ・ラオス社とペトロラミックス・ラオスにディスペンサーを供給し、近い将来カンボジアとミャンマーに市場を拡大する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です