日本の食品会社がベトナムに事業を拡大

Dau tu(Investment)の新聞記事によると日本の食品業界がベトナムに事業を拡大しようとしていることが分かりました。

今年初めに日本ベストフーズ社はベトナムのドンナイ州南部のロング・ドゥック工業地における肉製品の加工と保存に1400万ドル以上を注ぎました。

クールジャパン機構、日本ロジテム株式会社、クライングループの合弁会社である The CLK Cold Storage Company Limitedもビンズオン省の南部地域に冷蔵設備を建設するために1800万ドルを投入しました。

CLK Cold Storageの局長である Naoki Saka氏(漢字不明)は冷凍食品を提供するチェーン企業の確立は食品安全に対して高まる要求に応えるために不可欠であると語りました。

食品加工に携わる企業を含む約20社の日本企業代表団が投資市場を探るためにホーチミン市を訪れました。日本貿易振興機構(JETRO)の副長である Tatsuhiro Shindo氏によると、日本企業はベトナム、特にホーチミン市、バリア、ブンタウ、ドンナイなどの南部地域に興味があると言います。

同時に ホーチミン市のジェトロの代表取締役であるTakimoto Koji氏(漢字不明)は日本の企業内では ドライフルーツ、麺類、加工シーフード、牛肉、ワインなどのベトナム製品が人気があるとも語りました。

多くの日本の食品会社が、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、レストランを通じてベトナムに事業を拡大しようとしています。

ホーチミン市、ハノイ、ビン・ドゥオンにあるイオンなどの大きい商業施設以外で ファミリーマートなどのコンビニエンスストアが増えています。

統計によるとベトナムには1,000以上の日本食レストランがあり、その内 ホーチミン市には659のレストランが存在しています。

ベトナムは2016年のデータで日本の農産物や食料を輸入する5つの国の1つでした。東南アジアの国は、年間約4兆円(VND)もの水産物を日本から輸入しているのです。

コメントを残す