8月からベトナムの会社が日本向け鶏肉製品を出荷

ベトナム企業が加工鶏肉製品を日本に出荷するための手続きを完了しました。
日本の厳格な品質管理プロセスに合格するためにに2年もの月日をかけたのです。

Koyu&Unitek Co.Ltdは日本市場に初めて進出した会社で、今年8月には300〜400トンの輸出を計画しています。

KOYU&UNITEK COMPANY LIMITED

同社の代表であるNguyen Van Quyenはベトナム通信社に対して語ります。
「日本市場は非常に厳格な管理プロセスを持っているため、必要な手順を完了するまでに2年近くかかってしまいました」

最も困難な段階は、世界保健機関(WHO)が定めた基準に従って、同社独自の管理監督プログラムを構築することでした。

日本の輸入業者は、製品中の抗生物質残留物、禁止された微生物および鳥インフルエンザに特に注意を払っています。

日本に加えて、同社はヨーロッパ、オーストラリア、カナダでも輸出の機会を模索しています。 各国のそれぞれの基準を満たす独自の戦略を必要としています。

農業省農村開発省動物衛生部のPham Van Dong局長は、ベトナムの鶏は通常、国内市場で消費され、輸出用には飼育されていないのが一般的だと話します。

加工された鶏肉を日本に輸出したのは、2016年7月にKoyu&Unitek、2017年5月下旬にCP Vietnam Co. Ltd この2社だけです。

ベトナムは、今年初めから、農産物、林産物、海産物などの農産物、林産物、海産物を137億米ドル輸出しており、昨年同期間に比べて9.5%増加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です