8月からベトナムの会社が日本向け鶏肉製品を出荷

ベトナム企業が加工鶏肉製品を日本に出荷するための手続きを完了しました。
日本の厳格な品質管理プロセスに合格するためにに2年もの月日をかけたのです。

Koyu&Unitek Co.Ltdは日本市場に初めて進出した会社で、今年8月には300〜400トンの輸出を計画しています。

KOYU&UNITEK COMPANY LIMITED

同社の代表であるNguyen Van Quyenはベトナム通信社に対して語ります。
「日本市場は非常に厳格な管理プロセスを持っているため、必要な手順を完了するまでに2年近くかかってしまいました」

最も困難な段階は、世界保健機関(WHO)が定めた基準に従って、同社独自の管理監督プログラムを構築することでした。

日本の輸入業者は、製品中の抗生物質残留物、禁止された微生物および鳥インフルエンザに特に注意を払っています。

日本に加えて、同社はヨーロッパ、オーストラリア、カナダでも輸出の機会を模索しています。 各国のそれぞれの基準を満たす独自の戦略を必要としています。

農業省農村開発省動物衛生部のPham Van Dong局長は、ベトナムの鶏は通常、国内市場で消費され、輸出用には飼育されていないのが一般的だと話します。

加工された鶏肉を日本に輸出したのは、2016年7月にKoyu&Unitek、2017年5月下旬にCP Vietnam Co. Ltd この2社だけです。

ベトナムは、今年初めから、農産物、林産物、海産物などの農産物、林産物、海産物を137億米ドル輸出しており、昨年同期間に比べて9.5%増加しています。

金融機関のM&A拡大

金融機関のM&Aは急速に発展している265億ドルの消費者金融市場を背景に多くの国内外の投資家に注目されています。

VIRによると、ANZベトナムの小売事業の買収後、韓国の新韓銀行はベトナムの金融機関を買収する予定です。この計画はベトナムのリテールバンキング部門で事業を拡大することを目指しています。

また、新韓銀行だけでなく、2人の日本人投資家も、2つの異なるベトナム金融機関の株式の49%を買い取る交渉を行っていることが明らかになりました。

昨年末、新生銀行はMilitary Bankの消費者金融部門であるMcreditに49%の株式を購入し、MB信託はMB新生コンシューマー・ファイナンス・リミテッド・リミテッド・カンパニーに改称されました。

ベトナム国営銀行(SBV)はホーチミン市開発銀行(HDBank)が消費者金融会社のHDファイナンスの資本金の49%を日本のクレディセゾン株式会社に譲渡することを認めました。この後、HDBankはHDFinanceの50%を保持します。

現在、クレディセゾン株式会社に49%、ホーチミンシティ証券株式会社(HSC)に1%を拠出して以来、HDファイナンスはHDセゾンファイナンスに改称されました。

外国人投資家の国内金融機関への関心は、ベトナムの消費者金融の潜在成長率を高く評価していることが分かります。

ベトナムの金融・ビジネス情報企業 StoxPlusの統計によると2016年にはベトナムの消費者金融市場は265.5億ドルと評価されています。

経済学者Dinh The Hien 氏は「2017年に海外からの投資が国内金融機関に影響を与えると、M&A取引がすぐに実施されるようになるだろう」と話します。

消費者金融市場における多くのM&A取引は日本の様々な企業により行われており、日本企業の小売業における経験は経験不足のベトナム金融機関の将来の発展のために必要であると考えられるでしょう。

国内銀行はこの流れ、トレンドに従うべきなのです。

金融機関に対する国内投資の波及はSBVの金融機関の再編政策が元になっています。

これまで国内の商業銀行とベトナムの金融機関の間で6件のM&A取引が行われていました。しかし、商業銀行のM&A取引の大部分は、日本のパートナーを扱うMBBankとフランスの投資会社を買収したHDBankを除いて、国内企業との取引のみでした。

商業銀行は現在、外国の戦略的株主を探しているため、売却される賭け金の金額は最大49%になる可能性があります。FEクレジットに関しては、VPBankは今までのところ大きな利益を上げているため、この金融機関の株式を売却する予定はありません。

消費者金融サービスの開発を目指す商業銀行の数も増えており、2017年はじめには、オリエント商業銀行(OCB)が株主に対して新しい金融企業の設立または既存の金融機関の購入についての話し合いを行いました。

一方、アジア商業銀行(ACB)は、ポスト・テレコム・マネー・ファイナンス・カンパニー・リミテッド(PTFinance)の買収関心を示しています。

現在、ベトナムの4大商業銀行(BIDV、Agribank、Vietcombank、VietinBank)は、金融機関とのM&A取引をまったく確立していません。

これまでBIDVは消費者金融分野での会社の買収を予定していましたが、最終的な決定が会社が十分になくてはならないという懸念から行なわれませんでした。

VietinBankに関していえば、PGBankとの合併が失敗した後、他の金融会社の設立または購入への関心を示していません。

経済学者は多くの商業銀行が金融機関を設立し、買収して消費者金融ビジネスを生むことができると分析しています。

ベトナム飲料業界で海外企業が活躍できるチャンス

外国企業のドリンクメーカーが初めてベトナムのノンアルコールドリンク市場の約半分以上である約40億を支配しました。

ベトナム飲料協会が発表した報告書によると、外国企業のドリンクメーカーは徐々に国内の企業を圧倒していると発表されています。

同会長の Nguyen Van Viet氏は、ベトナム企業は資金と人的資本の不足から苦戦していると語ります。

PepsicoのAquafina やNestleの La Viieなどのボトルウォーターが市場の80%を占めています。

外資系企業の80%の中でもサントリーが市場でシェアを伸ばし、日本の厳格な品質基準を実証し人気を集めています。

昨年サントリーは4年間で8,750万米ドルのベトナム事業に投資すると発表しました。 生産能力を60%増やして年間約200メートルの茶を生産する新しい工場ラインが計画されました。

日本の飲料会社はベトナムで長い歴史をまだ持っていません。2013年にPepsicoとの合弁で市場に参入し、免許を得て、アメリカの飲み物やスナックメジャーの製品を製造し続けています。 現在、同国には5つの工場があります。

ベトナムの消費者は健康問題を意識している傾向にあり、栄養価の高い飲料、例えば100%ジュース、砂糖の量が少ない、または砂糖が少ない飲料、およびカフェイン飲料を減らすことができます。

平均的な所得を上昇したことで、多くの消費者が健康的な製品のために費用を支払うようになりました。

VBAは、市場が成熟に近づくにつれて、過去5年間で増加したよりも遅い速度ではあるが、ノンアルコール・セグメントがプラスの小売高を記録し続けると予測しました。
食品の安全性と健康は予測成長のパフォーマンスに影響を及ぼすことも予想されています。