日本の原子炉輸出事業がベトナムで顧客を失う

ベトナムの国会はロシア、日本との関係における2つの原子力発電所を建設する計画を放棄すると表明しました。

福島の災害後の日本の原子炉輸出の動きと世界的に原子力事業に乗り出そうという政府の動きに対して原子力発電プロジェクトを廃止するための投票が行われたのです。

ベトナム政府は声明で議会の決定は技術的な理由からではなく経済的理由から行われたと述べています。

このプロジェクトに必要とされた推定投資額は、2009年以来倍増して400兆ドン(180億ドル)近くになったと国営メディアのTien Phong 氏は今月のLe Hong Tinh国会科学技術環境委員会副会長の言葉を引用して発表しました。

ベトナム政府の財政は公的債務が極限状態にあり、支出によってアジアで最も急速に成長している経済の一つとして維持している背景があります。

この動きに伴い、ベトナムの電力需要の伸びも鈍化する見込みです。

政府が2009年に2つのプラントの計画を承認したとき、ロシアのRosatomと日本企業のコンソーシアムに建設を委託して、日本の原子力発電所を率いて、ベトナムの年間電力需要の伸びは17〜20%になると予測されていました。

ベトナム電力公社(Vietnam Electricity Group)のDuong Quang Thanh議長は、2016年から2020年までの年間成長率は11%、2030年までは7〜8%になると考えています。

環境保護団体のグリーンピースグループは、他の再生可能エネルギーの選択肢が可能な場合には金の無駄であると発言し、原子力計画を打ち切る決定を歓迎する意思表明をしています。

グリーンピース地域キャンペーンコーディネーターのArif Fiyanto氏は、
「このプロジェクトは環境にも脅威を与える可能性があり、ベトナムは有毒な工業リークが今年初めに大量の魚の死を引き起こし、さらなる別の脅威に対応する余裕はありません」と話します。

ベトナムでは、4月に工場の有毒な成分漏れが200km以上の海岸線を襲い、 最悪の環境災害は100トン以上の魚を殺し、何千人もの労働者の職を奪いました。

ベトナムの原子力産業の後退は、ドイツやインドネシアが福島の事故を受けて原子力発電を廃止するか、開発計画を中止することを決定したことにも影響を受けています。

日本とロシアの原子力発電所はNinh Thuan州中心部に位置する予定でした。4000メガワットの複合能力を持っていたといえるでしょう。

ロシアのRosatom氏は「私たちは顧客の立場を尊重しますが、ベトナムが国家原子力発電プログラムの実施を続ける間の完全な支援を提供する準備はいつでも整っています」と話します。

Rosatomはベトナムから完全に撤退したわけではなく、ベトナムの平和な原子力エネルギーを支援する技術とインフラの開発に引き続き参加する予定です。

ベトナムと日本の観光を促進するMOU

ベトナムと日本は、観光を推進し、交流を促進を目指すことで同意し、両国は観光協力を促進するための覚書(MOU)に署名をしました。この署名はベトナム国家観光省(VNAT)と日本国政府観光機関(JNTO)によって行われました。

両国はこのMOUにより、観光促進、魅力的な目的地の紹介、訪問者の交流の促進、相互の関心のある分野での経験と情報の共有に関して互いに協力をすることになります。

JNTOはベトナムに駐在員事務所を正式に開設しました。 開会式で語ったVNATのNguyen Van Tuan総局長は、二国間観光協力の成果はすでに好調だと述べました。 2010年から2016年の間にベトナムを訪れる日本人観光客の数は平均して年間9%増加しています。

ベトナムでは、2016年に日本からの来訪者が740,000人で、前年より10%増加しました。

Van Tuan氏によると、約233,000人のベトナム人観光客が日本を訪れ、前年比26%増となっていると言います。 ベトナムにJNTO事務所を開設することで、両国間の出国者と入国者の数がさらに増加するだろうと付け加えました。 両国は、2018年までに日本人訪問者を100万人に、ベトナム観光客を50万人にまでに増加させる予定です。

JNTOのRyoichi Matsuyama 社長は、ベトナムの旅行者が日本料理、桜、様々な祭りなど、日本の異なる文化的側面を体験できるように、数十回のツアーを計画していると語りました。

JNTOベトナム事務局長であるTakahashi Ayumi氏は、事務所を開設することにより、ウェブサイトcamnhannhatban.vnなどの観光情報を活用し、ベトナムの大都市に住む人々の観光需要を刺激する予定であると語りました。 ベトナムのツアーオペレーターの日本へのツアー販売もサポートしています。

JNTOは、4月6日から9日に開催されるベトナム国際トラベルマート2017に参加する予定です。ベトナムは、昨年同期間に290万人増の320万人の外国人観光客を迎え入れました 。 これはベトナム国家観光省(VNAT)によって発表された情報です。

市場面では、ベトナムを訪れた人のうち、1月から3月までアジア人が230万人、次いでヨーロッパが約56万人、アメリカ地域は247,000人の訪問者で3位にランクインされました。 3カ月間のアジア人訪問者数は、昨年の同期間に比べて34%増加しています。

交通手段によって分類された場合、ベトナムへ空路を使って行く人は82%を占めています。海路を使って訪問する観光客の割合は最も少なくわずか3.5%でした。しかし絶対数は前年比で最高66%の増加となりました。

3月だけでも、100万人以上の外国人訪問者が入国し、前月比では16%減少していますが、前年比では21%増加しています。 これは良好な成果であり、VNATによれば、観光セクターの取り組みのおかげだと発表されています。

今年は観光産業が外国人観光客1150万人を獲得、国内訪問者数は6600万人に達し、今年は460兆ドン(204億米ドル)の収入を得ることを目標としています。

ベトナム人看護師の需要

日本で今後数年間、医療分野において多くの外国人が必要となるため、ベトナムの看護師に対して日本の医療業界は開かれていると全日本病院連合の代表は述べています。

今年7月22日にハノイで開かれた国際会議において国際協力課のリーダーである Noboru Yamamoto氏は「現在、日本に65歳以上の人が3,270万人おり、人口の25.75%にものぼる」と発言しました。

「そのため日本では今後10年間で70万人の看護師と介護者が必要になり、働く日本人は約30万〜40万人しかいません。 つまりベトナムを含む他国からの人員が不可欠となるのです」

この人員不足に対処するため、日本ではベトナム候補者のための研修プログラムが開かれました。 「日本で働いたことがきっかけでベトナム人看護師が一流のスキルを身に付け、将来のための訓練の場にもなるでしょう」と Noboru Yamamoto氏は話します。

すでにベトナムの短期大学や大学を卒業した看護師は日本の国家看護認定試験に合格し、日本で公式に就職する必要があります。

ベトナム看護師協会のPham Duc Muc会長は「この分野においてベトナム政府が日本との経済連携協定を締結した」と発表しました。

今まで約500人のベトナム候補者が研修プログラムに参加しています。

ベトナム看護協会と全日本病院協会が開催した国際会議では日本の看護職員に関する情報を共有し高齢者のケアに関しても議論を深めました。

タコの値段高騰により日本市場開拓の可能性

海産物を多く食べる日本では7月2日「タコの日」という日があります。

大阪、京都、神戸などの関西やたこ焼き発祥の地である明石では「タコの日」が市民の間で浸透しています。地元の人々はタコの刺身料理、タコの酢の物、たこ焼きなどを食べその日を祝います。

このタコの日を目前に記者である私の元にベネズエラからベネズエラ産輸入タコのための市場機会があるかどうかを尋ねるメールを受け取りました。私の答えとしては「年によって機会の可能性は変化する」といえるでしょう。

通常、日本市場ではモロッコとモーリタニアからの輸入タコが主流ですが、供給不足時にはそのギャップを埋めようとします。 昨年の例として、モロッコから約17,000メトリックトンを、モーリタニアからは約12,000トンを輸入しました。それに加え、中国から約8,000トン、 ベトナムから3000トン、他にもメキシコ、タイ、インドネシア、インド、ペルーからはそれぞれ1000トン未満を輸入していました。ベネズエラ産はこのどの統計にも当てはまりませんでした。

日本の輸入量は、季節的なパターンに従い、1月から4月まで量が増加、その後 5月に急激に減少、秋〜冬の間に再び上昇する前に8月までさらに低下する流れがあります。 4月と5月はモロッコとモーリタニアのタコ漁業が休みの期間に入ります。彼らは日本のタコ輸入業界のトップ供給者なので日本のタコの輸入量はその間減少してしまいます。この休みの期間中、次の漁期の捕獲制限と価格は分からない状態がほとんどです。

2017年のモロッコ産のタコの季節が例年より遅くなり、また欧州での強い需要があったことから日本のバイヤーがタコの数を確保することが難しくなりました。特に欧州連合(EU)のバイヤーが日本市場のサイズ(サイズ6)よりも大きいサイズ、サイズ7と8を入札することで、価格はさらに引き上げられました。 韓国も同様の規模の商品で対抗しています。

米国国立海洋大気局(NOAA)は、日本最大の魚介類市場である築地で4月から月産223トンのタコの取引が行われており、平均価格はキログラムあたり583円(5.17ドル、4.51ユーロ)という現状を報告しました。 これは1月から4月の平均で、価格は平均で548円、4.86ドル、4.24ユーロとなります。

モーリタニアの公式魚マーケティング団体であるSociétéMauritanienne de Commercialization de Poissons(SMCP)が7月7日に更新した情報は以下の通りでした。

冷凍 大サイズ サイズ6 – 9,125ドル( 7,830ユーロ)、サイズ7 – 8,810ドル(7,560ユーロ)、 サイズ8 – 8,285ドル(7,110ユーロ)
冷凍 小サイズ、サイズ6 – 9,325ドル(8,000ユーロ)、サイズ7 – 9,010ドル(7,730ユーロ)、サイズ8 – 8,485ドル(7,280ユーロ)

ベトナムの家庭の子どもに対する支出

ベトナムでは親の所得が増える中、子どもに対して物を買い与える、課外活動をさせるなど選択肢が広がっています。

ベトナムの所得の増加は、両親や祖父母が子どもに多くの支出をすることを促し、乳幼児の専門製品の店舗チェーン拡大や、家庭教育、水泳レッスンなどの高価な教育サービスの普及も促進しています。

地元メディアのベトナムネットによると、昨年の子供用品市場は70億ドルに急増したと報告されています。

この市場ブームは「エンジェル」係数と呼ばれる数字を直接反映している。エンジェル係数とはNomura Securitiesが食料支出を測定するエンゲルスの係数に組み込んだもので、家庭内での子どもに対する費用の割合を表します。おもちゃの購入や課外活動への支出などが含まれます。

この市場ブームの背景には家計所得を増やしている国の経済成長があります。 家族の財産が増えれば、3人以上の子どもを持つことを選択する家族の数も増えます。その結果、数十年にわたる子どもの数政策が効果を失っていることを示しています。 この政策は、1988年以来、人口増加を抑制するように設計されたものです。

ハノイのPham Ngoc Thach通りにある6階建てのBibo Martストアは、ベビー用品を販売するだけでなく、無料の子育てセミナーが開催される場所も備えています。 店舗での売上高は年間で約30%上昇しました。 週末には若い母親が集まってきます。

1歳半の双子を抱える31歳の母親であるPham Thi Hueさんは、幅広い製品ラインナップと質の高いサービスを提供しているため、服やおもちゃなどの子供関連商品をこの店以外で購入することはできないと話します。

Bibo Martストアはベトナムに120店舗を持つベビー用品小売チェーンです。 同社は2019年までに店舗数を500倍に増やす予定で、資金を提供している住友商事の投資ファンドなどの企業から注目を集めています。

ここ数年、ベビー関連店であるConcongとKids Plazaは、それぞれ133店舗と71店舗になっています。ベビーカー、粉ミルク、おむつなどの人気商品は、ほとんどが輸入品です。 Soc&Brothersは、日本のグリコや他の企業と提携し、1月〜7月のベビーカーの売上高が年間で30〜50%増加したことを発表しました。

日本のAprica Children’s ProductsとCombi製のベビーカーが人気があります。 売れ行きの高いものは500万ドンの値札を800万ドン(220〜352ドル)まで上げています。

Soc&Brothersのマーケティング担当官Dao Viet Hung氏によると、高品質で高価な製品を選ぶ顧客の数は増えているという。

子供のための教育関連費用も上昇傾向にあります。 Sao Vietには100名のインストラクターがいます。そのほとんどは大学生で、家庭で教えるために派遣されています。

課外授業料は2時間120,000ドンで、授業料よりも20-30%高く設定されています。

Sao Vietによると、これらのサービスは毎月増えていき、その全てに需要があり人気があるそうです。

両親の多くはベトナムで人気がある”living skills”コースに子供たちを参加させています。子どもたちに軍で使用されているような生きるためのサバイバル術を教えたり、異文化を経験する機会を提供したりします。 これらのレッスンはとても費用がかさみます。

IEDVは9日間 800万ドンコースなどの高価なコースを提供していますが、2016年以降にユ顧客数は20%以上増加しました。

水泳レッスンもますます人気が高まっています。ベトナムのほとんどの学校はプールがないため水泳レッスンはほとんどありません。水関連の事故を防ぐ手段として、子どもを水泳レッスンに行かせる親が増えています。

Bang Linhは 日本パートナーであるルネサンスと一緒に水泳授業の主要的な役割を果たしています。Bang Linhの平均のコース料金は月額100万ドンで、ベトナムの平均所得から判断するとかなり高価ですが、8月初めから夏にレッスンを受けている子供の数は、昨年の同時期から約50%増加しています。

日本コンビニ業界の人手不足を外国人労働者で補う

昨年ローソンは日本に留学する予定の学生を対象にベトナムと韓国で労働研修を始めました。積極的に外国人留学生の人材を確保するためです。

同社は地元の派遣社員と連携し、参加者にレジ使用方法や接客方法を教えました。
このような職業訓練プログラムを早期に実施することにより参加者が最終的に日本に到着した後すぐに店舗で働けるようにしています。全国の専門学校と連携して留学生の募集説明会も昨年開催しました。
これにより留学生によるアルバイト雇用が増やせると見られています。

セブンイレブンは、フランチャイズ従業員専用の託児施設を開設するという従業員の労働環境を改善する計画を立てています。 9月には、東京都大田区と広島県西区の2階の店舗で2日間の保育園が開かれます。 同社はこの取り組みの結果により同じような店舗の数を増やすことも検討する予定です。

コンビニ業界の主要3事業者は全国に合計5万店以上のコンビニエンスストアを運営しています。 労働力不足を解決するために様々なビジネスチャレンジがなされるでしょう。

各企業はこの状況をどのように解決するのか、より深く考える必要があります。

日本の食品会社がベトナムに事業を拡大

Dau tu(Investment)の新聞記事によると日本の食品業界がベトナムに事業を拡大しようとしていることが分かりました。

今年初めに日本ベストフーズ社はベトナムのドンナイ州南部のロング・ドゥック工業地における肉製品の加工と保存に1400万ドル以上を注ぎました。

クールジャパン機構、日本ロジテム株式会社、クライングループの合弁会社である The CLK Cold Storage Company Limitedもビンズオン省の南部地域に冷蔵設備を建設するために1800万ドルを投入しました。

CLK Cold Storageの局長である Naoki Saka氏(漢字不明)は冷凍食品を提供するチェーン企業の確立は食品安全に対して高まる要求に応えるために不可欠であると語りました。

食品加工に携わる企業を含む約20社の日本企業代表団が投資市場を探るためにホーチミン市を訪れました。日本貿易振興機構(JETRO)の副長である Tatsuhiro Shindo氏によると、日本企業はベトナム、特にホーチミン市、バリア、ブンタウ、ドンナイなどの南部地域に興味があると言います。

同時に ホーチミン市のジェトロの代表取締役であるTakimoto Koji氏(漢字不明)は日本の企業内では ドライフルーツ、麺類、加工シーフード、牛肉、ワインなどのベトナム製品が人気があるとも語りました。

多くの日本の食品会社が、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、レストランを通じてベトナムに事業を拡大しようとしています。

ホーチミン市、ハノイ、ビン・ドゥオンにあるイオンなどの大きい商業施設以外で ファミリーマートなどのコンビニエンスストアが増えています。

統計によるとベトナムには1,000以上の日本食レストランがあり、その内 ホーチミン市には659のレストランが存在しています。

ベトナムは2016年のデータで日本の農産物や食料を輸入する5つの国の1つでした。東南アジアの国は、年間約4兆円(VND)もの水産物を日本から輸入しているのです。

労働時間の短い日本の居酒屋がベトナム人留学生に助けを求める

ベトナム人留学生が中国人スタッフの減少による人手不足を解消しています。

大阪と東京 で 労働者不足に悩まされている日本の居酒屋チェーンは、ベトナム人パートタイマーを採用している現状があり、大阪を拠点にする 焼き鳥の鳥貴族がこの流れを色濃く反映しています。全てのメニューが低価格でサービスされているようなチェーン企業は、外国人パート労働者の過半数を占めていた中国人スタッフの代わりにベトナム人を雇い、彼らは全体の1%を構成し、東京都心の一部の店舗では、マネージャーを除く全ての従業員がベトナム人で構成される時間帯のシフトもあるのです。

約1年半前 24歳のベトナム人女性が鳥貴族の大阪支店で働き始めました。大学にも通う彼女は接客は好きだが日本語はあまりうまく話せないと話します。鳥貴族のタッチスクリーンを活用した注文システムがそんな彼女の仕事をよりスムーズにします。

チェーン店は仕事に意欲を持ち独自のネットワークを持つベトナム人が働く場として人気です。「ベトナムには焼鳥と似た料理があるので馴染みがあります。また鳥貴族がとても日本語を勉強する学生にとって働きやすい環境であると知り合いや家族から聞いてやってきました」チェーン店で働く学生は話します。

日本ベトナム協会の小川弘行マネージングディレクターは「ベトナムのマスメディアは比較的未発達で、口で伝わる情報は速い情報力と信頼性を市民から持たれており、その中で鳥貴族も有名になったのだろう」と話します。

チェーン店を拡げる企業は 2021年7月までに1,000の支店を運営することを目指しているため人材の確保が最重要課題です。急速に増加するベトナムのスタッフの訓練を支援するため、同社はベトナム語で説明された料理マニュアルビデオを制作しています。

 

「彼らの日本語接客を向上させるためにもっと多くのベトナム語でのマニュアルを作成する必要があります」と鳥貴族のHidehito Nakanishi氏は話します。

 

「ベトナム人のパート従業員は非常に勤勉で真面目です。彼らが日本語に問題がなければ最高の人材です」と 天狗などのレストランをマネージメントするテンアライド社長 は述べています。

7月現在 テンアライドには480人のベトナム人のパートが在籍しており、2014年

に比べて約10倍の増加となっています。同社のアルバイト内でベトナム人パートは日本人の次に多い国籍となっており約18%を占めています。

はなの舞などを手がけるチムニーもベトナム人による人材確保を狙っています。

チムニー内においても 6月時点 512名の外国人パートタイマーのうち42% 214名がベトナム人になっています。